映画「ワンダー 君は太陽」を無料で観る方法を紹介

映画「ワンダー 君は太陽」を無料で観る方法を紹介しています。

■作品名:ワンダー 君は太陽
■公開日:2018年

※映画を無料で観る方法はページの一番下にあります。

映画「ワンダー 君は太陽」のあらすじ

10歳の少年オギーは生まれつきの障害があり、何度も手術をしたせいで特殊な顔つきをしていました。

家族も本人もそれをとても気にしていて、小学校には行かずに母親(ジュリアロバーツ)と一緒に自宅学習をしてきました。

でもやっぱり普通の小学校に通った方が良いだろうと判断して小学5年生から小学校に通うことになりました。

初めのうちは同じ学校に通う子供達からジロジロ見られたり、意地悪をされたりして、学校に行きたくない気持ちになったオギーでしたが、オギーの積極的な行動によって同級生たちが少しずつ変わっていき、仲の良い友達も出来て、オギー自身も成長して行きます。

そんな中、ハロウィンの日がやってきます。

見かけを気にしているオギーにとってハロウィンは一番お気に入りのイベントです。

なぜなら顔に被り物をしたりして、いつものオギーとは違う様になれるし、キャンディも貰えるからです。

そのハロウィンの日、被り物をかぶったりして変装して登校したオギーが教室に入ると、仲の良かった友達とその他のクラスメートがオギーの悪口を言っているのを聞いてしまいます。みんな、オギーが教室にいるのを気づかなかったのです。

それを聞いてオギーはとてもショックを受けて、学校に行きたくなくなってしまいまい、日常の態度も悪くなってしまいます。

家族は心配しますが、オギーはその理由を家族に打ちあけませんでした。

無料で映画を観る前に「ワンダー 君は太陽」レビュー

感動的なストーリー

オギー役の少年が自分の顔のことをとても気にしてるけれども、いつも一生懸命でとても感動的でした。

オギー役を演じた少年の演技がとても上手で可愛かったです。

オギーは学校に通う前まではいつも顔を覆うために宇宙飛行士のヘルメットを被っていたのに、いざ学校に行き始めたら、それまで自宅学習をしてきた学力に自信をもって、積極的に行動していく姿は健気で、すごく応援したい気持ちで見ていました。

それと周りの子供たちの気持ちも理解は出来ましたが、意地悪をする子供達には腹が立ちました。

でも徐々に慣れて行って、仲の良い友達が出来た時には嬉しくなりました。

それと家族のサポートも素晴らしいと思いました。特に母親は献身的にオギーのために時間を費やして一緒に勉強したり、精神的にも強くなるようにケアーしていたので凄いと思いました。ただ姉にとっては母親が弟ばかり気にするのは寂しかったようで、それは可哀そうでした。

でも全体的にとても感動的なストーリーで、とても印象的な映画でした。

またジュリアロバーツの母親役もステキでした。

何気ない会話を楽しめるだけで人生が明るく良いものになる

ジャックに映るオギーの姿は他の男の子と変らないようだ。

彼らを見ていると自分が相手を受け入れることの大切さや見た目だけで人を判断しては、お互いの人生が面白くないものになってしまう。

そんな事を気づかせてくれる素敵なシーンでお気にいりだ。

姉のヴィアについても語りたい。

彼女自身、弟のオギーのことは大好きだ。

ただオギーの存在により両親からはあまり気にかけてくれないとこに対して寂しさを抱いている。

仲の良かった親友も新学期からなぜか避けれてしまう。

家の外での居場所に戸惑うヴィア。

私も彼女の心境はとても身近に感じる。

手のかからない子、ほっておいても大丈夫。

迷惑をかけないよう自然と自分に対しての優先順位が低くしていた。

そのせいか学校でもおとなしい性格だと見られがちだ。

誰しも人が本当に望んでいる事というのは、簡単に表情や行動に表せるとは限らない。

だからこそ私たちはもっと人に興味を持ち、何気ない会話を楽しめるだけで人生が明るく良いものになるのではないだろうか。

第一印象で決まる。

よく聞く言葉ではないだろうか。

映画でのオギーは私たちにこう教えてくれた。

「相手をよく知りたかったら、よく見ること。」

これから出会う人や出来事に対して、胸に留めておきたい言葉だ。

きっとこの言葉を忘れない限りオギーのように不可能のない、驚きに満ちた心の豊かさに近づけるであろう。

無料で映画を観る方法

PR



※動画配信サイトに登録してこの作品の無料映画があれば見る事が可能です。
※映画作品によっては無料で見られない事もあるのでご注意ください。