アニメ映画「時をかける少女」を無料で観る方法を紹介

※アニメ映画「時をかける少女」を無料で観る方法はページの一番下です。

■作品名:時をかける少女
■公開日:2006年7月15日

無料で映画を観る前に「時をかける少女」レビュー(※ネタバレ無し)

時をかける少女は高校生三人が織りなす儚い青春ストーリー

主人公の真琴がボーイッシュキュートといった感じの見た目ですごく好きです。

男の子の方も、千昭は少しチャラい見た目ですが格好良いですし、逆に硬派な見た目をしている功介も男前です。

男子2人女子1人という組み合わせは、物語としては王道ですが、やはりバランスの良い組み合わせだなと感じます。

真琴はどちらとくっつくの的な恋愛シーンもとても萌えるのですが、それと同時にストーリーには切なさもあって、見ていてつらくなる時もあります。

しかし、細田守監督ならではの温かい作画や、ストーリー展開でほっとする場面も数々あるのです。

楽しいシーンが盛りだくさんで、家族と見ていても楽しい作品だなと感じました。

恋人と見ていても、切ないシーンでハートがやられてしまうと思います。

時をかける少女は、高校生ならではの熱い友情と、好きな人の側にいられることの大切さを描く、儚くて泣けるアニメ映画です。

時をかける少女をオススメする理由

時をかける少女を観ていると、自分の若い頃が蘇ってきます。

それは輝かしいだけでない、友だち関係や恋愛や進路に悩みながら葛藤していた気持ちです。

過去に戻ることで、トラブルの回避を試みたり後悔していることをやり直したいと願うのは、みんな同じだなと思いました。

タイムリープを試みて慌ただしく走り回っているヒロインの真琴からは、笑ってしまうほどの元気さを感じます。

そして、ちょっとキザな千昭、フレンドリーで頼もしい功介を合わせた3人の絶妙な関係性がうまく描かれています。

と思ったら急にシリアスな内容になって、先の展開が心配になるシーンもあるので目が離せません。

クライマックスでは自分自身の弱さや、悲しい現実に直面して涙するシーンがあります。

どんなに楽しい時間や素晴らしい仲間でも、いつかは終わりが来るから前に向かって進もう、というメッセージを感じました。

切なくも前向きになれるアニメ映画だと思います。

ノスタルジー

「時をかける少女」は爽やかさと切なさが詰まった夏アニメの定番です。

時をかけるという題名どおり、青春を駆け抜けて行く作品です。

高校生の甘酸っぱい青春と、少し不思議な出来事の物語です。

途中の高校生独特のやり取りのテンポは、自分が高校生の時を思い出します。

高校生同士の恋愛は「あるある!」と高校を卒業して随分になりますが、あの頃のことを思い出して胸がキュッと締め付けられます。

結末を見終わった後はどうしようもない切なさが押し寄せてきます。

誰しもあの時ああすれば良かった、という瞬間があると思います。

現実では一回起こった出来事はもう取り消せないし、やり直したいと思っても時間を元に戻すことはできません。

日常の一瞬一瞬を大事にしなければいけないなと思いました。

青春という、二度と戻らない時間を思い出させてくれました。

タイプリープ物の草分け的存在

アニメ映画「時をかける少女」は、基本的にタイムスリップ、タイムリープものなのですが、その根幹のテーマは思春期(高校生)の男女3人の恋物語であり、主人公のヒロインと2人の男子との間の切ない三角関係を楽しむアニメです。

良い点は、主人公は男勝りの元気娘、ショートカットでかわいいミニスカ女子高生であることで、真夏の爽快感と弾ける様な躍動感が出ている点がこの映画の見所の一つとも言えます。

細田守監督ファンならば、細田演出を楽しむためにも見ておくべき映画なのであり、赤川次郎の小説を細田流にいい意味でアレンジ(改良)しており、細田監督の作品は終盤で大どんでん返しがあるものが多いのが特徴なのですが、この作品も正にそうであり、細田作品の真骨頂というか原点なのです。

最終的に泣ける作品になっているので、感動したい方、心の汗をかきたい方は一度鑑賞してみてはいかがですか?

無料で映画を観る方法

PR



※動画配信サイトに登録してこの作品の無料映画があれば見る事が可能です。
※映画作品によっては無料で見られない事もあるのでご注意ください。