映画「最強のふたり」を無料で観る方法を紹介

映画「最強のふたり」を無料で観る方法を紹介しています。

■作品名:最強のふたり
■公開日:2011年

※映画を無料で観る方法はページの一番下にあります。

映画「最強のふたり」のあらすじ

頸髄を損傷し、顔以外の部分が全く動かせなくなってしまった大富豪が主人公。

これまでの人生と違い、今の彼が生きて行くには全てを他人に委ねなければいけない。

多くの人間が彼の介護を買って出るが、その目的はもちろん大富豪の所有する財産である。

毎日多くの人間が彼に会いに来るが、「主人公」ではなく、「金を持った身障者」に会いに来ており、彼の心は日に日に荒れていった。

障害者という社会のアンタッチャブルである主人公、そんな彼の前に、もう一つのアンタッチャブルである黒人が介護面接にやってきたとき、物語は動き出す。

無料で映画を観る前に「最強のふたり」レビュー(※ネタバレ無し)

2011年のフランス社会をリアルに描いた名作。

資本主義社会において圧倒的強者である金持ちでありながらも、社会における弱者と化してしまった主人公は様々な暗に差別を受けていく。

体は不自由でも思考は自由であり、彼自身の人となりは以前と全く変わらない。

しかし、ありとあらゆる人間が主人公のことを、社会の弱者、つまはじき者として扱い、「人」として扱われない。

これが、フランスという国なのだ。

その事実を隠すことなく前面に打ち出し、そしてもう一つの弱者層である「黒人」とコンビを組ませることで、フランス社会の暗い部分を、ところどころジョークを交えながら軽快に描いていく本作からは、多くのことを考えさせられた。

確かに障害者は、いわゆる普通の健常者と比べて多くの制限を社会から課せられる。

主人公は、ご飯を食べることも、風呂に入ることも、かつて好きだったオペラを観劇することも、全て一人ですることはできなくなった。

黒人は、市街地には住むことができず、歩いていると犯罪者に間違えられ、職にありつくことも難しく、子供が教育を受けることも難しい。

そんな二人が出会い、心を通わせていく過程は見るもの全てがなにかを感じざるにはいられないだろう。

社会のアンタッチャブルである二人、客観的に見たら、彼らはフランスにおいて最弱だ。

しかし、主人公と黒人の伝統やルールに縛られない自由な生き方は、まさに「最強のふたり」である。

フランス社会を舞台にしているが、このような差別は世界の何処ででも暗に陽に見つけることができる。

そんな現代社会に生きる全ての人にオススメできる作品である。

無料で映画を観る方法

PR



※動画配信サイトに登録してこの作品の無料映画があれば見る事が可能です。
※映画作品によっては無料で見られない事もあるのでご注意ください。