映画「ダム・キーパー」を無料で観る方法を紹介

映画「ダム・キーパー」を無料で観る方法を紹介しています。

■作品名:ダム・キーパー
■公開日:2014年

※映画を無料で観る方法はページの一番下にあります。

映画「ダム・キーパー」のあらすじ

大気汚染に覆われた時代。

大きなダムで汚れた大気から守られている小さな町があった。

そのダムを守っているのは、家族も友達もいない、孤独な豚の少年。

そのうす汚れた身なりから、学校ではいつも避けられ、いじめられている。

ある日、学校に転校生のキツネの少年がやってきた。彼は、明るい性格で、豚の少年ですら分け隔てなく接する。

そんな天真爛漫なキツネの少年に次第に心を開き、学校生活を楽しく送るようになった豚の少年だったが…。

無料で映画を観る前に「ダム・キーパー」レビュー

このアニメーションに興味を持ったのは、原画展に展示されていた、制作過程のイラストを観てからだった。

アニメーションがCGで制作されているにもかかわらず、油絵の具で何度も何度も色を塗り重ねたような厚みがあり、暖かい雰囲気が漂っていて、とても惹きつけられるものがあった。

主人公の豚の少年は、律儀に毎日ダムを動かし、大気汚染から小さな町を守っているが、その地道な努力を讃えるものはおらず、家族はおらず、学校のクラスメイトからは、そのうす汚れた身なりからイジメを受けて、友達もおらずに、孤独な日々を送っていた。

そんな生活の中で心を開けるものなどおらず、そんなことすらも慣れてしまっているような、「寂しい」という感情も忘れてしまっているような、無表情の少年をみていると、胸の中がキリキリ痛いような気持ちになってしまう。

そんなある日、学校のクラスにキツネの少年が転校してくる。

彼は他のクラスメイトとは違い、豚の少年を差別せず、一緒に落書きをして遊んだ。

初めて他者から受け入れられた喜びを知った喜びが溢れでるシーンは、見ていてこちらもじわっと心が暖かくなり、思わず泣いてしまっていた。

あのアニメの雰囲気があるからこそ感動が何倍にもなるのである。

20分弱のショートムービーで、ほとんどセリフがないにもかかわらず、「寂しさ」「孤独」「喜び」「暖かさ」を観るものにじんわり感じさせてくれる。

とても芳醇なアニメーションである。

無料で映画を観る方法

PR



※動画配信サイトに登録してこの作品の無料映画があれば見る事が可能です。
※映画作品によっては無料で見られない事もあるのでご注意ください。