映画「ザ・キャッチャー」を無料で観る方法を紹介

映画「ザ・キャッチャー」を無料で観る方法を紹介しています。

■作品名:ザ・キャッチャー
■公開日:1998年

※映画を無料で観る方法はページの一番下にあります。

映画「ザ・キャッチャー」のあらすじ

時は1981年。

アメリカに住む少年ジョニーは、父親から野球の猛訓練を受けていた。

父親は幼いジョニーに向かって、ボールを全力投球。

ボールを捕ることのできないジョニーを徹底的にいじめぬく。

虐待に耐えられなくなったジョニーは、父親にある制裁を加える。

それから17年後。

マイナーリーグ最下位のデビルズでは、キャッチャーのウォーカーの解雇が目前に迫っていた。

恋人にも別れを告げられ、球場で思い悩むウォーカー。

そんなとき、球場内のあちこちで、選手たちに惨劇が発生する・・・。

無料で映画を観る前に「ザ・キャッチャー」レビュー

本作は1998年公開の超ウルトラB級映画です。

キャッチャーマスクをかぶり、素顔の見えない殺人鬼が球場内を荒らしまわるお話なのですが、その手段が荒唐無稽のものばかり。

詳細なネタは伏せますが、漫☆画太郎先生の『地獄甲子園』ばりのすさまじさです。

本作のジャンルを”スリラー”としましたが、どちらかというと”コメディー”として観た方が面白いかもしれません。

本作を観た人は、口をそろえて「こんなに怖くないホラー映画ははじめて」といいます。

筆者としてはB級映画の殿堂入りといっても過言ではないと思っているのですが、あまりにもB級すぎて、ちょっとマニアックなレンタルビデオ店でなければ借りられないかもしれません。

そもそもDVD化していないおそれがありますから、VHS再生機からレンタルしないと、おそらくダメでしょう。

そこまでして観る価値があるのかというと、話のネタに飢えている方にはおススメ、というレベルであり、日常が充実した順風満帆な方にとっては時間の無駄になるかもしれません。

なぜ、わざわざそんな洋画を紹介させていただいたかというと、なにかのタイミングで世に公表しなければ、この”傑作”が歴史に埋もれてしまうと思ったからです。

映画マニアを自称される方であれば、本作が公共の劇場で公開されたという事実を噛みしめて、90年代の低予算映画の実情をよく実感してほしいと思います。

製作陣は真面目なホラー映画として仕立てたのかもしれませんが、それが結果的に『地獄甲子園』になってしまった・・・その滑稽さこそが、たぶん本作でしか味わえない真の魅力なのです。

無料で映画を観る方法

PR



※動画配信サイトに登録してこの作品の無料映画があれば見る事が可能です。
※映画作品によっては無料で見られない事もあるのでご注意ください。