映画「プーと大人になった僕」を無料で観る方法を紹介

映画「プーと大人になった僕」を無料で観る方法を紹介しています。

■作品名:プーと大人になった僕
■公開日:2018年

※映画を無料で観る方法はページの一番下にあります。

映画「プーと大人になった僕」のあらすじ

クリストファー・ロビンがまだ幼い頃、100エーカーの森でプーやその仲間たちと毎日楽しい日々を過ごしていた・・・。

それから長年の月日が経ち、クリストファー・ロビンは家庭を持って父となり仕事に精を出していた。

毎日「仕事」「仕事」「仕事」・・・の日々。

父として夫としての行いは疎かになり、もちろんプーのことなんかすっかり忘れていた。

しかし、ある日突然プーと再会する。

クリストファー・ロビンはプーのマイペースさに振り回され、様々なトラブルに巻き込まれていく。

破茶滅茶になりながらもクリストファー・ロビンが最後に選んだ「大切なもの」とは・・・。

無料で映画を観る前に「プーと大人になった僕」レビュー

忙しい毎日を過ごしている時にこそ観たいと思う作品

まず何より、プーや100エーカーの森の仲間たちのリアルさと可愛さは圧巻でした。

本当に現実世界に存在しているかのようで、私も森にプーたちを探しに行きたくなりました。

アニメと同じ声優さんが吹き替えをしていたので、とても馴染みやすくて実写の世界に入り込みやすかったです。

全体の流れとしてはスローテンポでゆったりとした映画なので、小さな子どもからお爺ちゃんお婆ちゃんまで世代を問わず楽しめる作品だと思います。

映画ではプーのマイペースな性格や発言が際立っていましたが、心優しい性格でもあるので様々なシーンで名言が生まれていました。

「この映画を観るとプーの可愛さに癒されて幸せな気分になるし、自己啓発まで行えちゃう!」と言っていい程、私はプーの言葉に何度も心を動かされました。

毎日を生きる中で、クリストファー・ロビンのように何かに行き詰まっていたり、心にぽっかりと穴が空いたように何かが足りないと感じている方はこの映画を観ることをオススメします。

あったかい何かが心の穴にそっと入ってきて埋めてくれますよ。

とても可愛らしい映画だけれど、大人が観るからこそ強く感じ取れるものがあるのではないかと私は思いました。

私にとってこの映画は、忙しい毎日を過ごしている時にこそ観たいと思う作品です。

きっとホッと一息つかせてくれるんじゃないかと思います。

「いい意味でのマイペースな自分」を取り戻すために定期的に見返したい作品となりました。

イギリスの背景も見どころ

くまのプーさんは、小さい頃に何度も繰り返し観ていたので、実写化されると聞いてとても楽しみにしていた。

話には、日々の仕事に追われ、心の余裕がなくなってしまった大人のクリストファーロビンが登場する。

その内容からこの映画は、昔のアニメーションの、のほほんとした明るい雰囲気からは程遠い、色のくすんだ、暗いトーンになっている。

大人になった彼の心情を曇り空のロンドンは色濃く表現している。

そんな心も体も疲れ果てた彼の目の前に、かつて子どもの頃に、100エーカーの森で一緒に過ごした、プーが現れる。

プーはいなくなってしまった仲間たちを探してほしいと、ロンドンまで来たのだ。

大人になり変わってしまったクリストファーロビンとは違い、プーは昔と変わらない、のんびりとして、おっちょこちょいで、変わらず純粋な気持ちを持ち続けていた。(実写版になると、プーの体はテディベアのようなモコモコな感じになっていて、ぬいぐるみの愛らしさが倍増していた。)

再開した2人は、初めこそ性格の違いから衝突が絶えなかったが、やがてのんびりとしたプーの性格にクリストファーロビンが段々と感化されていく姿はこちらも固まっていた気持ちが解けていくようだった。

この映画は、イギリスの背景も見どころだと感じた。

100エーカーの森の自然いっぱいで、広々とした眺めは、映画館の大画面で見ていて、どこかホッとするものがあった。

クリストファーロビンの気持ちが解けていくのもわかるような、包み込まれるような優しい風景だと思う。

無料で映画を観る方法

PR



※動画配信サイトに登録してこの作品の無料映画があれば見る事が可能です。
※映画作品によっては無料で見られない事もあるのでご注意ください。