アニメ映画「劇場版 花咲くいろは HOME SWEET HOME」を無料で観る方法を紹介

※アニメ映画「劇場版 花咲くいろは HOME SWEET HOME」を無料で観る方法はページの一番下です。

■作品名:劇場版 花咲くいろは HOME SWEET HOME
■公開日:2013年3月30日

無料で映画を観る前に「劇場版 花咲くいろは HOME SWEET HOME」レビュー(※ネタバレ無し)

泣いて笑って大感動の劇場版

『劇場版 花咲くいろは HOME SWEET HOME』は、テレビシリーズの雰囲気そのままに、泣いて笑ってほっこり温かい映画でした。

話としてはテレビシリーズの途中に位置すると思うのですが、テレビシリーズで登場した数多くのキャラを、すべて過不足なくしっかりと見せていて、うまくできているなと感じました。

特に結名の空気の読めないところがそのままで、面白すぎて笑いが止まりませんでした。

テレビ版ではあまり掘り下げられていなかった、緒花のお母さんの過去についてが本作のメインでしたが、彼女の甘く切ない恋物語にとても心が揺らされました。

若い頃の彼女は緒花が見て育ったすでに「大人」な彼女とはかけ離れていて、見るのがすごく新鮮でした。

緒花の母親はこんな人だったんだ、とテレビシリーズでは描かれていない彼女の側面を知れて大満足です。

ストーリーだけでなく、絵のクオリティーも素晴らしかったです。

背景が滑らかに動く動く。

動作の一つ一つにもすごく凝っているなという印象を受けました。

全体として、しっかり本作の補完をしながらもテレビ版に負けない良い仕上がりでしたので、ぜひもう一度見たいと思います。

クオリティが高い

劇場版花咲くいろははテレビアニメの劇場版になりますが、花咲くいろはを一度も見たことがなくても楽しめる作品に仕上がっています。

内容的には主人公ではなく主人公の友人にフューチャーしたスピンオフ的な作品になります。

作品の長さ自体は1時間なのですが、作品のクオリティーとしてはかなり高いです。

それだけでお金を払う価値があるほど躍動感があり美しいです。

登場人物の躍動も、なぜそのような行動をとっているのかということがしっかりと描かれていますので、感情移入することも容易にできます。

行動原理が理解できるのでキャラクターが生きているのです。

どれだけ美しくアニメを描いたとしてもキャラクターが生きていなければ意味がありません。

このアニメ映画は、コアなアニメファンの中でもかなり評価の高い作品になります。

P.A.WORKS「お仕事シリーズ」第一弾の劇場版

TVアニメシリーズの『花咲くいろは』は松前緒花の成長物語という側面が強かったが、劇場版の「HOME SWEET HOME」は、その続きと言うことで、温泉旅館での住み込み生活や仕事にもすっかり慣れ、頼もしくなった緒花を見られるのがまず嬉しい。

ストーリー的には緒花のお母さんである皐月にスポットライトが当たっており、高校時代の皐月と緒花の行動が似ていて、やはり親子だと思わせてくれたり、皐月が幼い緒花を抱きつつ東京へ行くシーンでは感極まるものがあった。

ただ、60分という短さが徒となったのか、TVシリーズと細かいところで矛盾が生じているのは残念だった。

とはいえ、この作品をきっかけにP.A.WORKSは『SHIROBAKO』『サクラクエスト』と「お仕事シリーズ」を作っていくことになるわけで、働いている社会人こそ必見と言わざるを得ない。

ぼんぼろう!

過去と現在が交差する物語り

「花咲くいろは」は、一人の少女が本当の意味で成長していく物語りだと思います。

東京で育った緒花が、北陸の温泉旅館で働くというのはさぞ大変だっただろうと思います。

それに母親が去ってしまったという、精神的な辛さもありますよね。

きっと泣きたくて逃げ出したくて堪らない時もあったと思うのです。

でも緒花は知る事になるのです。

母親の皐月がどんな思いで自分を生んだのか、会った事もないい父親がどんな人だったのか。

その時に緒花は本当の愛情を感じたのかもしれません。

緒花は離れていても自分は愛されているんだという事を知ると同時に、母親になる事の強さも知った事でしょう。

全体的に切ないシーンが多いのですが、映画HOME SWEET HOMEが始まった時と終わりに近付いた頃の緒花の表情は違った気がします。

一人の少女が、成長する瞬間がこの映画には溢れています。

無料で映画を観る方法

PR



※動画配信サイトに登録してこの作品の無料映画があれば見る事が可能です。
※映画作品によっては無料で見られない事もあるのでご注意ください。