映画「ブリジットジョーンズの日記」を無料で観る方法を紹介

映画「ブリジットジョーンズの日記」を無料で観る方法を紹介しています。

■作品名:ブリジットジョーンズの日記
■公開日:2001年

※映画を無料で観る方法はページの一番下にあります。

映画「ブリジットジョーンズの日記」のあらすじ

32才独身、彼氏なし、アルコール好き、タバコ好き、ダイエット中のブリジットジョーンズは出版社勤務で上司のダニエルクリーヴァーはセクハラなのか?

誘ってるかのメール送ってくる。

しかしハンサムなダニエル。

そんな彼の事が何となく気になる。

そんな中、新年パーティーで実家に帰ると親同士交流のある弁護士でバツイチのマークダーシーに出会うのだった。

マークはトナカイ柄の悪趣味なセーターでブリジットは幻滅し、マークはブリジットの態度に幻滅する。

二人の出会いは最悪な第一印象で始まったのであった。

無料で映画を観る前に「ブリジットジョーンズの日記」レビュー

見た後に思ったのが現代版「高慢と偏見」作者もマークダーシーのモデルは過去にコリンファースが演じたBBC版「高慢と偏見」のダーシーと言っていたので、ズバリ現代版なのだと思いました。

恋敵のダニエルも色男でずる賢いという所も、主人公とダーシーの出会いの第一印象が嫌いから始まるのも共通点多しです。

しかし、この点を踏まえてもブリジットジョーンズの現代を一生懸命生きる女性として、例えばダイエットを日記に記録したりするという点も身近には居そうなのに映画のヒロインでは今まで、そんなに居なかったのではと思います。

カッコ悪い、野暮ったいヒロインが居てもいいじゃないか。

なんか私みたい!と思わせてくれるブリジットは皆が愛すべきキャラクターだと今でも思ってます。

そんな身近に思うヒロインが二人の男に奪い合われるという展開。

王道かもしれませんが、これが綺麗過ぎる女優さんだったら感情移入出来ません。

しかし、ブリジットは自分にも重ねる事が出来るそんなヒロイン像が後に続編が出来たのも納得です。

この映画で何より感心したのはブリジット演じるレニーゼルウィガーです。

彼女は普段スリムな人でしたが、役作りで無理して食べて体重を増やしたという記事を読んだ事が有ります。

そこまでして演じたブリジットを誰がカッコ悪いって言うでしょう。

そんなレニーが演じたブリジットだからこの作品はチャーミングで何度も見たくなる映画です。

「高慢と偏見」には無かったのは、ブリジットには温かい仲間が居ることですね。

周りの仲間や優しいパパ変わり者のママが居ることで物語が一層、魅力的になってた事は間違いないと思います。

無料で映画を観る方法

PR



※動画配信サイトに登録してこの作品の無料映画があれば見る事が可能です。
※映画作品によっては無料で見られない事もあるのでご注意ください。